ライトについて

自転車に使うライトにはいくつかの種類があります。

おもに自転車の前に取り付ける「ヘッドライト」と、後ろの泥よけやサドル(イス)の後ろ側に取り付ける「テールライト」があります。

ヘッドライト

自転車のヘッドライト ヘッドライトにも種類があって、電池を使って点灯する「電池式ヘッドライト」と、タイヤの回転を利用して発電し点灯する「ダイナモライト」があります。また、これは自転車専用ではないですが、懐中電灯の小型化によって「懐中電灯をハンドルにつけて電池式ヘッドライトとして使用する」ことも一般的になりました。

電池式ヘッドライト

電池式ヘッドライト(自転車用).jpg 自転車用の電池式ヘッドライトは、ハンドルの付け根部分かフロントフォーク(前輪を支えている部分)に取り付けるので、ほとんどの自転車に取り付けが可能です。そのため、ライトが取り付けられていない自転車や、ライトが壊れていたり明るさに不満がある場合でも、ライトだけを好みのものに変更できるので便利です。

その反面、電池を使用するため電池代がかかったり、電池切れの場合にライトが点灯せず使えないこともあるので、電池の残量に気をつけるか、予備の電池を持ち歩くなどの対策が必要です。ただし、最近は太陽光で発電して点灯するソーラー発電(太陽光発電)のライトもあるのでこれまでの電池式ライトの弱点を補えるようになってきました。

電池式ヘッドライト
長所(利点、メリット)
  • 電池を使うため、スピードに関係なく明るさは一定
  • ほとんどの自転車に取り付けられる
  • ライトの交換が簡単
  • 機種によっては対向車のドライバーがまぶしくないような設計をしているものもある。
短所(欠点、デメリット)
  • 電池式や充電式は電池代や電気代がかかる
  • 盗難防止のためにはその場を離れる時、ライトを外すかネジなどでライトを完全に固定しておく必要がある

ダイナモライト

ダイナモライトには2種類あります。

ブロックダイナモ(リムドライブ、タイヤドライブ、リムダイナモ)

ブロックダイナモライト(全体) ブロックダイナモライト(アップ) 自転車のヘッドライトとして長く使われてきたもので、前輪の横側に取り付けられていて、タイヤの回転を利用して発電して点灯するものです。これをブロックダイナモなどといいます。ダイナモライトにしては、交換も比較的簡単で多くの自転車に取り付けられ安くて故障しにくいことが長所です。

一方、タイヤの側面に発電機を押し当てて回転・発電するため、ライトの点灯時にはペダルが重くなり、発電時の無駄があるためライトもさほど明るくなく、発電効率が悪いことが弱点です。

ハブダイナモ

ハブダイナモライト(全体) ハブダイナモライト(アップ) ブロックダイナモの進化版ともいえるハブダイナモは、前輪の中心部分に発電機があり、タイヤの回転により発電機も回転して発電してライトが点灯する仕組みになっています。ハブダイナモは発電時のロスがないので「ライトが明るい」、「ペダルもほとんど重くならない」という特徴があります。

一方、ハブダイナモがない自転車にハブダイナモを取り付けるには、一番簡単な方法でも車輪とタイヤとハブダイナモが組まれた完組ホイールをタイヤごと交換しなければいけないので、専門の知識が必要です。タイヤの取り外し方と取り付け方を分かっていればさほど難しくありませんが、そうでなければ自転車屋さんにやってもらわなければいけません。費用(料金)はお店やタイヤの質によって多少ちがいますが、タイヤ一つ交換するだけでも工賃(手間賃)が2,000円ほどかかります。これに完組ホイール代などがかかり最低でも合計で7,000円くらいします。

ちなみに、このハブダイナモの中には、明るさを感知するセンサーがついていて暗くなったら自動でライトを点ける「オートライト」という機種もあります。

ダイナモライトの長所と短所

ダイナモライトはどちらもタイヤの回転で発電してライトを点けるため、電池代も電気代もかからず電池切れもないので便利で経済的です。通勤や通学に最適です。

ダイナモライトはブロックダイナモもハブダイナモも、タイヤの回転で発電するためどちらも自転車が止まったらライトは消えてしまいます。機種によってはしばらくの間、ライトがついたり消えたりする点滅を繰り返すものもありますが、停車中に明るく照らすことはありません。また、自転車のスピードが遅いとライトが暗くなります。しかし、ハブダイナモと一部のブロックダイナモは速度を落としてもあまり暗くなりません。

ダイナモライト
長所
  • 電池代も電気代もかからない
  • 自転車にライトを付けたままその場を離れても、ライトだけを盗まれることはまずない
短所
  • 止まると消える。スピードを落とすと少し暗くなる。
  • ライトを点灯するとペダルが重くなる。ただし「ハブダイナモとLEDライトの組み合わせ」や「LEDを使用した一部のブロックダイナモ」は気にならない程度の重さ。※LEDライトは消費電力が少ないため。
  • ダイナモがついていない自転車に後から取り付けるのは可能だが難しい。
  • 自転車の総量が少し重くなる(数百グラム)。ただしスポーツ自転車でない限り気にならない程度。

小型の懐中電灯(フラッシュライト、ハンディライト)

懐中電灯1(自転車) 懐中電灯2(自転車) 小型の懐中電灯を自転車のヘッドライトとして使うこともできます。

自転車用の電池式ヘッドライトと同じような使い方をしますが、自転車用のものよりも明るく安く小さいものが多いです。

一方で電池の持ち(持続時間)が短く、光が当たる範囲(照射範囲、配光)が自転車で走るためのものではないため対向車のドライバーがまぶしくなったりしてしまいます。そのため、人がいない真っ暗な道以外では、とても明るい懐中電灯の場合はかなり下向きにしないとトラブルの元です。また、自転車用のライトは横からも光が見えるものが多いですが、懐中電灯は横からは光が見えないことが多いので、走行中の横からの視認性が低くなります(横から存在に気付かれにくい)。

懐中電灯を自転車用ライトとして使うには、懐中電灯以外に懐中電灯をハンドルに取り付ける道具(ライトホルダー、ライトマウント)が必要です。いくつか種類があるので、使用する懐中電灯と自転車のハンドルの太さに合ったものを選びます。

小型の懐中電灯
長所
  • 自転車用のヘッドライトよりも小さいものが多く、持ち運びに便利。
  • 自転車用のヘッドライトよりも安いものが多い。
  • 本来の使い方である懐中電灯としても使える。
短所
  • 全体を照らすため、とても明るいライトは対向車のドライバーなどがまぶしくなる。そのためかなり下に向ける必要がある(自転車用ヘッドライトも同様のものが多い)。
  • 自転車に取り付ける道具が必要。
  • 電池代や電気代がかかる。
  • 盗難防止のためにはその場を離れる時、懐中電灯を外す必要がある。

テールライトと反射板

テールライトは、後方の車のドライバーなどに自分の存在を知らせる役割を果たします。夜は車のライトや信号、店の明かりなどいろいろな明かりが入り乱れていたり、真っ暗な道では自転車のヘッドライトだけでは 前方には自分の存在をアピールできても、後方からはヘッドライトの明かりが見えなくて自転車の存在を認識されにくく危険なので、テールライトを使って自分の存在をアピールして安全性を高めます。

テールライトは多くの場合、ライトがついたり消えたりする点滅を繰り返します。ライトがずっとついたままの点灯をするものもありますが、テールライトは相手に自分の存在を気付かせて視認性を高めるためのものなので、電池を節約するために点滅させて使うことが多いです。しかし、最近はソーラーパネルを使って充電するテールライトもあります。

反射板(反射材)

テールライトと同じ役割を果たすものとして反射板(反射材)があります。これは自分で光るのではなく、光が当たるとその光を反射して光るというものです。

光が当たらないと光らないのでテールライトに比べるとアピール力は低いですが、電池を使わないので電池切れがなく、経済的でもあります。反射板は赤い色をしているものがほとんどで、初めから自転車の後ろに取り付けられていることが多いです。

ライトの明るさ

ヘッドライトの場合、明るさが重要です。走る道の暗さや走る速度に応じて必要な明るさが違ってきます。

街灯や店の明かりがある街なかでは、ある程度の明るさがあれば相手に自分の存在をアピールできて安全性が高まります。

一方、街灯も家の明かりもない真っ暗なところでは、自分の存在をアピールすること以外に、前方を明るくして歩行者や障害物、道路の状況などを見なければ危険です。

真っ暗な道では、明るく消費電力が少ないLEDライトを使ったハブダイナモでも、明るさに不安を感じると思います。その場合はヘッドライトを2つ以上使うとか、とても明るい電池式ヘッドライトや懐中電灯を使うといいでしょう。

同じ暗い道でも、一般的なママチャリなどでゆっくり走るのと、ロードバイクなどのスポーツ自転車で速く走るのとでは必要な明るさは変わってくると思います。

ライトの明るさの単位は「カンデラ(cd)」、「ルーメン(lumens)」、「ルクス(lux)」などがあり、メーカーによって使われる単位が様々です。○○カンデラが○○ルーメンなどと単純に換算することもできません。また、配光と呼ばれる明かりを照らす範囲や光の配置(光の形)もメーカーや機種によって違います。

あくまで目安ですが、明るさ別にライトを分類しました。参考にどうぞ。

▲上へ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。