明るさの単位について

明るさを表す単位はいくつかあり、ライトの明るさを表す場合もメーカーによって使う単位が違います。

明るさを、同じ単位を使って同じ数値で表していても、照射範囲や配光(光の配置)などによって感じる明るさは多少ちがいます。

ですので数値だけでは単純に比較はできませんが、単位と数値の基準を理解しておくと、だいぶ参考にはなります。

なお、それぞれのライトには使った人の使用感(感想、くちこみ)が見られるようになっているので、それもあわせて参考にすると、よりイメージに近いものが見つかると思います。

明るさの単位

いずれも数値が大きいほど明るくなります。

カンデラ(cd)

光度(こうど)の単位。

明るさの強さです。光源(こうげん =光を出すもと。電球、LEDなど)が出す光の強さのことです。

ルクス、ルックス(lx、lux)

照度(しょうど =密度)の単位。

明かりに照らされている1平方メートル(1m×1m)の面積の明るさです。

ルーメン(lm、lumens)

光束(こうそく)を表す単位。

光源(LED、電球など)を1m(メートル)離れたところで見た明るさです。

ワット(W)

電力を表す単位。

明るさを表す単位ではありませんが、数値が大きいほど電力消費量が多いので明るいことが多いです。



▲上へ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。