ダイナモライト

ダイナモライトはタイヤの回転を利用して発電し、ライトを点灯させます。乾電池やバッテリー(蓄電池、充電池)が必要ないので、電池代がかからず電池切れもないので経済的で便利です。

タイヤの回転に応じて発電量が変わるため、スピードが出てると明るく、ゆっくり走ると暗くなります。

ママチャリやシティサイクルといった一般的な自転車に初めから取り付けられていることが多いですが、取りつけられていない自転車でもあとから取り付けることができるものがほとんどです。

ダイナモライトのタイプにもよりますが、安い費用で自分でできるものもあれば、自転車屋さんにやってもらった方がいい専門知識が必要なものもあります。

ダイナモライトは大きく分けて2種類あります。タイヤの側面(サイド)で発電する「リムダイナモライト」と、タイヤの中心部分で発電する「ハブダイナモライト」です。

ダイナモライトの種類によっては、結構明るいライトもあります。ライトの角度には注意しましょう。

昔からあるリムダイナモライト(リムドライブ、タイヤドライブ、ブロックダイナモ)

ダイナモライトのうち、タイヤの側面で発電機を回転して発電するライトを「リムダイナモライト」といいます。

以前からママチャリやシティサイクルに使われているもので、とても一般的なものです。

街灯がない真っ暗な道では明かりが足りなく、タイヤの側面に当てて発電するためにペダルが少し重くなりますが、中にはペダルがあまり重くならずに明るいリムダイナモライトもあります。

リムダイナモライトは自分で取り付けることができますが、もともとリムダイナモライトがついてる自転車の場合は、そのネジが固くて取り外せないこともあるので注意が必要です。

軽くて明るいハブダイナモライト

もう一つのダイナモライトに「ハブダイナモライト」があります。

前輪の中心部分に発電機があり、タイヤの回転で発電します。タイヤの側面で発電するリムダイナモライトに比べて発電機が大きく発電効率もいいので、ライトは明るくペダルも重くならないため、多くのママチャリやシティサイクルに使われています。

ダイナモライトはタイヤの回転を利用するため速度を落とすと発電量が減り暗くなりますが、ハブダイナモライトはゆっくり走ってもあまり暗くならないモデルが多いです。

停車するとライトは消灯しますが、モデルによっては点滅するものもあります。

ハブダイナモライトがもともと取り付けられている自転車は、ママチャリやシティサイクルといった一般的な自転車が多いですが、スポーツ入門自転車であるクロスバイクにも初めから取り付けられていることがあります。

後から取り付ける

ロードバイク(ロードレーサー)やマウンテンバイク(MTB)といった本格的なスポーツ自転車に初めから取り付けられていることはめったにありませんが、あとから取り付けることもできます。

ハブダイナモライトは発電機が備わった専用のタイヤを使用するので、あとからハブダイナモライトに交換する場合、もしもくわしい知識がないなら自転車専門店で装着してもらうといいでしょう。

自動点灯

ハブダイナモライトの中には明るさを判断するセンサーを使って、暗くなったら自動でライトを点灯させる「オートライト」と呼ばれるものもあります。

通勤通学にオススメ

通勤や通学など、毎日のようにライトを使う場合にはハブダイナモライトはとてもおすすめです。

電池代がかからず経済的で、ライト点灯時にペダルがほとんど重くならないので足への負担も軽減されます。

なかには暗くなったら自動で点灯するオートライトもあるので、毎日の通勤通学にはたいへん便利です。



▲上へ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。