電池式ヘッドライト(ヘッドランプ、フロントライト)

電池を使った、自転車用のヘッドライトです。

単3形や単4形電池や、太陽電池(ソーラーパネル)などの電池を使います。

電池を使っているため速度に関係なく点灯します。

電池が必要な分、お金がかかります。

電池切れに備えて予備の電池を持ち歩くと安心です。

ハンドルの太さが合えばどんな自転車にも使えますが、激しい振動があるとライトがずれたり外れたりするおそれがあります。

前照灯

電池式ヘッドライトはその明るさから、前方の地面を照らして視界を確保し、歩行者や対向車など相手に自分の存在を知らせる「前照灯(ぜんしょうとう)」と、自分の存在を知らせる「補助灯(ほじょとう セーフティライト、認識灯、安全灯)」に分けられることがあります。

明るさは 前照灯 > 補助灯 です。

日本工業標準調査会「JIS規格(ジス)」では、明るさが「400 cd(カンデラ)」以上で前照灯(灯火)と規定しています。

400カンデラ以下の明るさやピカピカと点滅しかしないライトは、一般的に補助灯といわれることがありますが、前照灯や補助灯をすべてのメーカーが明確に表示しているわけではありません。メーカーによって明るさを表す単位がばらばらだったり、明るさを具体的に表示していなかったりします。

暗いヘッドライトを使っていると、警察官に止められることもあります。ある程度明るいヘッドライトでないと地面を照らせず危険ですし、暗いライトだけで夜間に自転車で走ることは法律で禁止されているからです。

基本的に前照灯(400カンデラ以上)を使っていれば、街灯があるところでは視界を確保できますし、警察官に注意されることもないでしょう。

↓前照灯(400カンデラ以上)はこちら
電池式サイクルライト(ヘッドライト・テールライト)

暗い道では

街灯がない暗い道を走るときは、400カンデラ程度の明るさでは道の状況がよくわからず危険です。

カンデラでいうと、最低でも1500カンデラ以上は欲しいところです。

≫明るいヘッドライトはこちら



▲上へ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。