夏の暑さ対策&汗対策(暑さ対策グッズも)

通勤通学(職場、学校)

夏の自転車は、どうしても汗をかいてしまうものです。

汗を止めることは難しいので職場や学校についたら
汗をふき、制汗シートや制汗スプレーで汗のにおいをおさえましょう。そしてシャツとズボン(スラックス)を着替えましょう。これで汗臭さは気にならなくなります。

なお、シャワーを浴びられれば言うことありません。そういう環境にある方は活用してください。

服装

私服通勤通学OK

私服で通うことができるなら、自転車専用のサイクルウェアやサイクルジャージがいいでしょう。または自転車専用でなくてもスポーツ全般に適したスポーツウェアを使うといいでしょう。

これらの服は通気性がよく軽量で伸縮性があるものや、太ももなどをほどよく圧迫して自転車に乗っているときの筋肉の疲れを軽減するような設計になっているものが多いので、長距離を走る人ほど効果を実感できます。

他にも、単にTシャツとショートパンツ(ハーフパンツ)などの涼しい格好でも快適です。

私服通勤通学NG

大変なのは、私服で通えない場合です。その場合はスーツ(背広)や制服で通うしかありません。

どうしても汗をかいてしまうので、できたらYシャツごと着替えたいところですが、それができなくても肌に直接触れているTシャツや下着だけでも着替えると、快適さが増しますしニオイも抑えられます。

汗の臭いは体そのものからも出ますが、汗が染みついた服からもにおいます。

なので着替えをするだけでもだいぶにおいは抑えられます。さらに制汗スプレーやシートで脇(わき)、肩、首、胸などを拭いておくと安心です。

サイクリング(趣味、遊び)

サイクリングやツーリングなどの趣味で自転車に乗るときは、服装は機能性を重視したサイクルウェア(サイクルジャージ)やスポーツウェアと呼ばれる専用の服装か、Tシャツとショートパンツ(短パン)などの涼しい格好で乗るのがいいでしょう。

目的地に到着後は、風邪をひかない為にも着替えましょう。

おすすめ暑さ対策グッズ

▲上へ戻る

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。